スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川島、どやっ!「神セーブ」連発でMVP…W杯アジア最終予選









川島、どやっ!「神セーブ」連発でMVP…W杯アジア最終予選

拡大写真
イラク戦に勝利し、サポーターの声援に応える川島(右)ら日本代表イレブン



 ◆ブラジルW杯アジア最終予選B組第4戦 日本1—0イラク(11日・埼玉スタジアム) ザック・ジャパンが独走で首位ターンを決めた。元日本代表監督のジーコ氏(59)率いるFIFAランク78位のイラクと対戦した同23位の日本は、前半25分にFW前田遼一(30)=磐田=が決勝弾。腰痛でMF香川真司(23)=マンチェスターU=がベンチ外になるアクシデントも乗り越え、1—0で勝利。予選前半の4試合を3勝1分けの勝ち点10で折り返し、11月14日のオマーン戦(アウェー)でW杯出場に当確ランプをともす。



 ゴールマウスに君臨するその姿は、守護神というより鬼神。恐るべき反射神経でシュートをはじき続けた川島が、GKとしては異例のMVPに選ばれた。「チームが勝つことが一番だけど、今日のように自分たちのペースで試合を進められないこともある。自分としては、仕事をできたと思う」。ビッグセーブを連発した背番号1が、チームを救った。



 前半5分、この試合最初のセットプレーだった。Y・アハメドの右CKは、ニアでフリーとなったI・アハメドの頭にピタリ。至近距離で強烈な弾道が襲ったが、両手ではじき出した。「あの1本で向こうの(ニアサイド)狙いがハッキリした。立ち上がりに失点すると流れが悪くなる。最初のセーブで乗っていけたと思う」。ドヤ顔セーブで最初の危機を救った。



 1—0とリードした後の前半41分にもスーパーセーブが飛び出した。エリア左から、Y・アハメドがDF駒野と競り合いながら進入。トリッキーなタイミングで右足が振り抜かれたが、「どこにきてもフレキシブルに対応しようと思っていた」と横っ跳びのパンチング。決定機をまたも防いだ。



 ご当地さいたま市出身。ザック・ジャパン発足後、埼スタのゲームは5戦全戦完封と“ホーム”ゲームで圧倒的な成績を残している。W杯最終予選も、4戦1失点。唯一の失点もオーストラリア戦のPKによるものだ。今夏はベルギーリーグの弱小リールセから強豪Sリエージュへ移籍。プレッシャーもゲーム展開も環境は大きく変わったが、「ボク自身は何も変わらない」。頼もしいばかりの安定感だ。



 「僕らが目指しているものはW杯で勝ち上がること。まだまだレベルアップできるはず」。激戦を終えてすぐ。視線は世界基準へと引き上げていた。



「この記事の著作権はスポーツ報知 に帰属します。」



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぐるまん130

Author:ぐるまん130
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。