スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本の勝利たたえたい」若手にかけたジーコの戦いに異例のコール…W杯アジア最終予選









「日本の勝利たたえたい」若手にかけたジーコの戦いに異例のコール…W杯アジア最終予選

拡大写真
激しい口調で指示を出すイラク・ジーコ監督



 ◆ブラジルW杯アジア最終予選B組第4戦 日本1—0イラク(11日・埼玉スタジアム) ザック・ジャパンが独走で首位ターンを決めた。元日本代表監督のジーコ氏(59)率いるFIFAランク78位のイラクと対戦した同23位の日本は、前半25分にFW前田遼一(30)=磐田=が決勝弾。腰痛でMF香川真司(23)=マンチェスターU=がベンチ外になるアクシデントも乗り越え、1—0で勝利。予選前半の4試合を3勝1分けの勝ち点10で折り返し、11月14日のオマーン戦(アウェー)でW杯出場に当確ランプをともす。



 日本代表監督時代に7勝2分けと無敗を誇った埼玉スタジアムで初黒星を喫したが、ジーコ監督(59)率いるイラクの戦いは、6万人を超える日本サポーターの共感を呼んだ。試合終盤には異例のジーコ・コールも起きた。会見での第一声は「まず日本の勝利を称賛したい」。15年間を過ごした“第2の故郷”を思うがゆえの言葉だった。



 先発メンバーの平均年齢は22・9歳。前回予選のオマーン戦(6月12日)から、MFムトゥハナ以外の10選手を入れ替えた。中心選手のFWユーニス、MFナシャトはコンディション不良で途中出場にとどまるも、多くの若手がボールを追った。



 イラクではいまだに自爆テロが頻発しているが、週末ごとに滞在先のカタールから首都・バグダッドに移動。ホテルでリーグ戦の生中継を見て、選手の状態をチェックしていた。勝ち点は2のままだが、W杯への可能性は残っている。「選手は努力してくれた。結果は前向きに受け止めている」。母国ブラジルで開催される祭典へ、神様は歩みを止めない。



「この記事の著作権はスポーツ報知 に帰属します。」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぐるまん130

Author:ぐるまん130
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。