スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香川、腰痛でベンチ外も「長引くことはない」…W杯アジア最終予選









香川、腰痛でベンチ外も「長引くことはない」…W杯アジア最終予選

拡大写真
ベンチを外れ、スタンドから観戦した香川(右は酒井宏)



 ◆ブラジルW杯アジア最終予選B組第4戦 日本1—0イラク(11日・埼玉スタジアム) 不発に終わったMF本田圭佑(26)=CSKAモスクワ=が猛省した。何度も決定機を外したが、元オランダ代表FWファンニステルローイの「ゴールはケチャップのようなもの」という言葉を引用して「出る時は出る」と発言。腰痛でベンチ外になったMF香川真司(23)=マンチェスターU=に関しては「真司がいればもっと崩せた」と悔やんだ。GK川島永嗣(29)=Sリエージュ=は再三の好セーブを見せ、完封に大きく貢献した。



 イラク戦のピッチに背番号10の姿はなかった。キックオフ1時間前、衝撃の知らせはもたらされた。日本協会が香川が腰痛のため、ベンチ外となったと発表した。異変は、非公開で行われた前日練習で起きた。ミニゲームの終盤で腰に違和感を訴えた。試合当日もギリギリまで様子を見たが、「100%じゃない」とザッケローニ監督は回避を決断した。



 代表戦では不完全燃焼が続くが、挽回の機会は10月の欧州遠征以降へお預けとなった。所属するマンUのファーガソン監督が「香川の回復力については把握しきれていない。ドルトムント時代は参考になるだろうが、不安材料ではある」と、代表合流前に不安視したことが、的中してしまった。



 スタンドで観戦し、FW前田の先制弾の際には笑顔を浮かべ、拍手で祝福した香川。今W杯予選の欠場は、昨年11月に敵地で行われた3次予選の北朝鮮戦以来で、ベンチ外は初めて。「歩くのは問題ない。ただ、力を入れた時に響くことがあったので。重症ではない。長引くことはない」と軽症を強調した。本田は試合を振り返り「シンジがいれば、もっと崩せたと思う」と言う。ザック・ジャパンに香川は不可欠。たくましさを増した姿で、戻ってくる。



「この記事の著作権はスポーツ報知 に帰属します。」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぐるまん130

Author:ぐるまん130
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。