スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

校長の給料は安すぎる。1500万円でもいい 藤原和博(その8)


コイン型のキュートなネームタグ愛犬・愛猫の名前を入れてお作りします♪【iDog/アイドッグの...

1,575円(税込・送料別)



校長の給料は安すぎる。1500万円でもいい 藤原和博(その8)


校長の給料は安すぎる。1500万円でもいい 藤原和博(その8)
写真拡大
『10年後に食える仕事 食えない仕事』。仕事の未来をマトリックスで4分類。

過去10年、日本の仕事をめぐる状況は様変わりした。

インド、中国では毎年数百万人単位でハングリーな大卒者が誕生。また、ネット・通信環境が大きく改善したことで、定型業務やIT開発を新興国へアウトソーシングできるようになった。仕事の枠を日本人同士で争っていればよい、という時代は終わった。さらに、人口減少に伴う国内マーケットの縮小も追い打ちをかけている。

これから日本の仕事はどう変わるのか? 10年後にも食えるのはどんな仕事なのか。当連載では、ベストセラー『10年後に食える仕事 食えない仕事』の著者であるジャーナリストの渡邉正裕氏が、"仕事のプロ"たちとともに、仕事の未来像を探っていく。

(司会・構成:佐々木紀彦)

【対談(その7)はこちら】

——前回の対談まで、仕事の未来予測を中心に話してきましたが、今回の対談では、もう少し政策面や教育面に踏み込んで議論したいと思います。藤原さんは、民主党政権で開かれた、内閣府「雇用戦略対話」の委員を務めていましたが、そこで感じたことはありますか?

藤原:雇用戦略対話では、この対談シリーズのような議論を、本当はやらなきゃいけなかったはずです。でも、そんな話は出なかった。まあ、戦略性はなかったですね。

厚労省の息がかかった委員は、官庁にとって都合のいいことしか言わない。それに、経産省の副大臣は1回目と2回目の会議は途中退席で、3回目と4回目はずっと居眠り。これには怒ったね。

4回目の会議までに、内閣府の意図が、自分とは相容れないものだとわかったので、委員を離脱したんです。結局は、各省の「キャリア教育の充実」「ハローワークの強化」「キャリアアップ支援の拡大」意向を反映して、対処療法の拡充と予算増額を国に要望する会議だったんだと思う。この例にかぎらず、もう審議会みたいなシステムそのものがダメだね。

——教育政策の分野ではいかがでしょうか? たとえば、安倍新政権に期待することはありますか?

藤原:安倍さんには言いたいことですか。前回の安倍政権で、教育再生会議が、教科書の3割増量を決めたでしょ。これで何が起きたかというと、教科書3割増に対し、授業時間は1割しか増えなかったから、教育が詰め込みに戻っちゃったわけですよ。

世の中の企業や国際社会が必要としているのは情報編集力のほうなのに、また情報処理能力のほうに戻ってしまった。これは、非常に自己矛盾。産業界が求めていない「自分で考えない人材」を、大量生産し続けている状況を推進したわけです。

一方、教育再生会議の功績は、全国学力調査をやって、それを各県で発表したこと。あれをしなければ、橋下徹さんが、「大阪の成績は沖縄を除くと全国でビリだ」と非常事態宣言を出して、私が特別顧問として、大阪の教育改革を手助けすることもなかったと思う。その後、大阪の学力は4年連続で上がっていて、小学校の算数の学力は全国平均を上回っているんですよ。だから全国学力調査をやって、自治体のデータを発表したのは偉かった。

■道徳を国が教えることの違和感

もう一つ、再生会議の教育政策で私が批判し続けたのは、「心のノート」という道徳の教科書を作ったこと。数億円の予算をかけて、心のノートという道徳のサブテキストを、全国の小中学校に1500万部くらいばらまいたんです。この政策の発端は、旧保守派の人たちが、「道徳はどうなっているんだ。ちゃんと教育しているのか」と言い始めたこと。彼らは、いじめ事件が起こるたびに、そういうことを言い出す。そして実際に、道徳のサブテキストを作っちゃったわけ。

でも、道徳とは何かを国家が上から決めて、検定教科書を作るのはおかしいでしょ。そんなことをやったら、また昔のやり方に戻るだけ。道徳を教科化すべしという議論もされたようなんだけど、そうすると通信簿にも道徳という評価項目を作らないといけなくなってしまう。本来、「思いやり」とか「郷土愛」とか「愛国心」とかは教科書で教員が教えるものではなく、人と人の間に育まれるものだと思うんだけどね。

編集部注)心のノートは、民主党政権下で仕分けの対象となり、2011年度からは、配布ではなく、文科省ホームページにデータを掲載する形に変更された。

藤原:もう1つの問題は教員の免許の更新制。あれはものすごい手間とコストをかけて取り組んだんだけど、ほとんど効果ないでしょう。

渡邉:免許更新よりも、問題の教員は、なるべく早いうちにキャリアチェンジしてもらうような仕組みが必要だということですか?

藤原:そうです。たとえば京都はこの問題にすごく投資して、問題教師の配置転換に成功しているんですよ。

渡邉:具体的には、どういうふうにやるんですか? 教員や労組の圧力団体の抵抗をどう抑えたんですか。

藤原:京都市は、今の市長も教育長も教育畑が長いの。彼らには政治的な力があるので、現場を押さえつつ、組合ともうまくやりながら、交渉していったんだと思う。配置転換するためには、問題教員の研修も長くやらないといけないので、投資もかさむんです。

渡邉:どういう部署に移すんでしょうか。

藤原:たとえば、教育委員会の事務や役所の事務。

渡邉:なるほど。

藤原:率直に言うと、事務の中にも窓際族みたいな仕事があるでしょ。民間企業でいうと、社史編纂室みたいなもんだね。

文科省は、指導力不足教員の数は、2000人程度だと言っているけど、とんでもないですよ。最低でも、その10倍はいる。公立の小中学校の先生は60万人ぐらいいますけど、その2、3%はいるんじゃないかな。最初は意欲が高い人でも、途中でくじけてしまう人もいる。

当初、教育再生会議では、問題教師を切るのが難しいのであれば、免許を更新しなければいい、という議論になっていた。ところが、そのままストレートに行くかと思いきや、組合と取引する中で、「指導力不足の教諭を切る」という議論と、「教員免許更新」の議論が別々になっちゃったの。

渡邉:え、そうなんですか。でも、それは最初の目的からずれていますよね。

藤原:そうなの。最初は「どう問題教員を切るか」という問題意識から始まって、「じゃあ教員免許を更新制にするしかない」となったわけ。弁護士だって医者だって、免許更新はあるでしょ、みたいな感じで。ところが、その議論のつながりが切れちゃった。その結果、どこで教育免許の更新を認めるかという話になり、教師が教員免許を取った大学が資格を付与するという話になった。そもそも教員資格は、国家資格じゃないから。

渡邉:国家資格ではないんですか。

藤原:そう、大学が付与しているんです。そこがミソなんですよ。国家資格にしてはどうかという議論もあったんだけど、免許基準を統一するのは膨大な金がかかる。そこで、最終的には、「出身大学に戻って10年に一回30時間の研修を受けなさい」ということになったの。だから、免許状更新の講習は大学の先生がやっているわけ。

渡邉:でも、大学の先生なんて何にも知らないですよね。

藤原:教師にとっては、少しも勉強にならない。講習をやった後の感想として、文科省の人間が「藤原さんはいろいろ批判しますけど、いいところもすごくあるんですよ。大学の教員たちは、講習を通じて現役の教師から話をきけて、現場の空気がよくわかってよかったと言っていました。われわれは、こういう成果を期待していたんですよ」と言っていたけど、とんでもないと思ったね。

渡邉:免許更新の目的は、そんなことではないですよね。

藤原:そう。そんなに現場の空気が知りたければ、普段から現場に足を運べよという話でしょ。

■全体に網をかけても、おカネばかりかかる

藤原:もうひとつの問題は、各教員をABCDで評価しているんだけど、そのデータが免許更新を行う大学側に一切渡されない。

渡邉:意味わからないですね。

藤原:研修に来ている人たちが、普段どういう評価されてるかについてのデータがまったくない。

渡邉:民間では有り得ないですよね。

藤原:だから、講習はただの勉強会になっている。勉強会にさえ出れば、教員としてしっかり仕事しているということで、免許更新してもらえる。忙しくて講習に出られない教員は、通信でもいいということになってるし。

渡邉:ほとんど意味ないですね。

藤原:だから、やめたらいい。

渡邉:税金の無駄遣いですね。

藤原:本当に税金の無駄遣いだと思う。結局2〜3万人の指導力不足教員を切るために、わざわざものすごいコストをかけて、60万人の教員全員に講習を受けさせているわけ。全体主義、正解主義的なシステムがまかりとおっている。

やっぱりお上が何かのシステムを作る時には、どうしても全体主義的にせざるを得ないようなところがあるんですね。全体に対して網をかけなきゃならない。そうすると金が余計にかかってしまう。

昔みたいに国民全体の約6割が中間層だったときは、全体に網をかけても無駄になるのは2〜3割だったから、良かったんですよ。でも、今みたいに、中間層が分解した社会になってしまうと、今の統治機構では対応できない。全員に網をかけようとすると、おカネばかりがかかってしまう。

藤原:おそらく農水省で起こっていることも、厚労省で起こっていることも、全部同じだと思う。真ん中をターゲットにして全体に網をかけるから、物事が全然進まない。

復興がまったく進まないのも、平等の原則でやっているから。宮城県の雄勝町という壊滅した町があって、よく訪れるんだけど、本当に凄いよ。根こそぎ津波にさらわれて、小学校も中学校も使えないから取り壊される。そんな町で、復興予算を使って、最初にできる建築物は何だと思う?

渡邉:役所ですか?

藤原:役所だったらまだ許すけどね。海岸べりに、10メートルの高さの塀を作るの。刑務所みたいな塀。

渡邉:それは津波対策ですか?

藤原:そうなんだけど、なぜ最初に塀なのかというと、スーパー堤防は予算が一番先についたから。スーパー堤防としての予算がつくと、雄勝町はその予算を堤防以外には使えないんですよ。

でも、堤防を作ると、海岸から海がまったく見えなくなってしまう。私の感覚からすると、そんな場所に住んだり、仕事をしたりしたくなくなるし、海が見えないとかえって危ないんじゃないかとも思う。実際、地域住民も反対しているんだよ。

渡邉:へー、それでもできちゃうんですね。

藤原:できちゃうんでしょうね。しかも、役所で復興担当をしている責任者自身が、「藤原さん、ここに塀ができてしまうんですよ」と嘆いている。「それ、止められないんですか、他の用途に使えないんですか」と聞いても、担当者は「できません」としか言えない。

もし堤防の予算が10億円あるなら、むしろ丘の上に避難所付きの小中学校を建てる方がまだいい。市役所や町役場の機能を持った小中学校にしてもいいわけだし。

渡邉:結局、公務員は、仕事がそういうふうに上から全部トップダウンでくるので、やりがいがないですよね。教員や教師も含めて。

藤原:疑いを持てないんだよね。システムに押し切られて。本当に辛いよ。

■教師同士で結婚すれば、年収1500万

渡邉:藤原さんから見て、教師をやりたい人にとって、教師という職業はお勧めですか。年収は、東京だと40代で800万円はいくでしょうから、普通以上の生活ができますよね。

藤原:地方だとかなり良い生活ができる。教師同士で結婚したら、年収1500万円とかも。家があれば、可処分所得が大きいでしょ。だから教師はやめられないんですよ。校長になるより、教師のままのほうがいい(笑)。

しかも、地方であれば、先生は今も尊敬されている。地方で地銀や農協が採用を絞っている中で、市役所が頂点になっているけど、教師は市役所の次くらいの位置にある。

渡邉:そうなってしまっているんですね。やっぱり、地域によっては教員の数を減らすべきですか?

藤原:むしろ増やしたほうがいい。災害救助予備隊のような準公務員として、準教員を増やしたほうがいい。教員はやりがいのある仕事だから。

渡邉:準教員は、年収300万円くらいですか。

藤原:そうですね。200万円〜400万円でいいんじゃないですか。

渡邉:そうすると、やっぱり正規の教員の給料は少し下げたほうがいいんじゃないですか。東京でも40代800万円というのは、高い気がしますけど。

藤原:下げたほうがいいというか、下がるでしょうね。ただひとつ言いたいのは、学校の編集長である、校長の年収が低すぎる。

渡邉:それは、そうですね。

藤原:たとえば、大阪の校長公募でも、年収は40代700万円台、50代で800万円台なんですよ。

渡邉:え、そんな安いんですか。

藤原:そうなの。この額では、民間からいい人材が押し寄せないんですよ。決して低くはないけど、高くもないから。だからある意味で、意気に感じてやるという人しかできない。もちろん、校長への転職が、年収が上がる転職である必要はないんだけど、校長の仕事は東京の感覚からすると1200万円〜1500万円あってもおかしくないくらいの責任のかかりようだと思うんですが。

渡邉:ただ、学校の先生や校長が民間の塾で働いたら、今と同じくらいの給料をもらえるかといえば、そうではない人材も多い気がします。

藤原:そうかもしれない。意外と私立の学校も年収は低いんだよね。

渡邉:もうちょっと競争原理が働いてれば、給料が高くてもいいんですが、規制によって雇用が完全に守られている現状では、ちょっと高すぎる気がします。だからみんな公務員になりたがってしまう。たぶん、国民がみんな公務員になりたがる国は、ギリシャみたいになってしまいますよ。

藤原:だから根底から公務員改革をやらないといけないよね。

(撮影:梅谷秀司)


すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ


外部サイト


20年後、仕事の半分は公務員になる

全国自治体・公務員給与ランキング

安倍政権で日本の性は保守化する



この記事の著作権は【東洋経済オンライン】に帰属します。
http://news.livedoor.com/article/detail/7337700/

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぐるまん130

Author:ぐるまん130
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。